ずいぶん立派になりました 新型ランドローバー・ディスカバリー試乗記(1/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ずいぶん立派になりました 新型ランドローバー・ディスカバリー試乗記

マイナーチェンジを受けたランドローバー「ディスカバリー」に小川フミオが試乗した。

高い機能性

SUVに快適性と機能性を求めるひとにとって、ランドローバー「ディスカバリー」は“隠れた名車”かもしれない。とくに今年7月8日に日本発売された改良モデルは、3.0リッター直列6気筒ディーゼルターボ・エンジンを搭載し、走りの楽しさも向上している。

今回乗ったのは「ディスカバリーSE D300」なるモデルだ。さきに、新型「ディフェンダー」と、「レンジローバー」に搭載された2993cc直列6気筒ディーゼルターボ・エンジンが、あらたに搭載されたのだ。

ディスカバリーのよさは、第1にその機能性の高さであると思う。2列のシートを使った状態で荷室容量は1197リッターもある。デイキャンプどころか、本格的なテントも搭載できる。その気になれば住むことだって出来そう。特筆すべき積載能力だ。

同時に、独自の存在感。おなじシャシーを共用するレンジローバーのような派手さはない。ロング・ツーリングに出かけることが多かったり、スポーツやアウトドアなどの趣味を持っていたり、というしっかりした目的をもったひとが、探しだして買うクルマ、というポジションがよい。