新潟・胎内市長選、現職が無投票再選 - 産経ニュース

メインコンテンツ

新潟・胎内市長選、現職が無投票再選

任期満了に伴う新潟県胎内(たいない)市長選は12日、告示され、無所属の現職、井畑明彦氏(60)のほかに立候補の届け出はなく、無投票再選が決まった。

井畑氏は6月の市議会6月定例会で出馬表明した。他に立候補する動きは見られず、8月に行われた市選挙管理委員会による立候補予定者説明会に出席したのは井畑陣営だけだった。

井畑氏は中央大学法学部を卒業後、昭和58年4月に旧中条町(現胎内市)に入庁し、健康福祉課長、市民生活課長、総合政策課長を歴任。平成29年9月の市長選で元副市長との一騎打ちを制し初当選した。