女性監督の仏作品に最高賞 第78回ベネチア国際映画祭 - 産経ニュース

メインコンテンツ

女性監督の仏作品に最高賞 第78回ベネチア国際映画祭

イタリアで開催されていた世界三大映画祭の一つ、第78回ベネチア国際映画祭の授賞式が11日夜(日本時間12日未明)開かれ、コンペティション部門の最高賞「金獅子賞」にオドレイ・ディワン監督のフランス作品「ハプニング」が選ばれた。

昨年「ノマドランド」で受賞したクロエ・ジャオ監督に続き、女性監督作品の金獅子賞受賞は2年連続。「ハプニング」は、1963年のフランスを舞台に、妊娠や人工中絶の困難に直面する若い女性の姿を描いた作品。コンペ部門に日本作品は選出されていなかった。

コンペ部門の他の主な受賞は次の通り(敬称略)。

▽銀獅子賞(審査員大賞)=「ハンド・オブ・ゴッド」(パオロ・ソレンティーノ監督)▽銀獅子賞(監督賞)=ジェーン・カンピオン監督(「パワー・オブ・ザ・ドッグ」)(共同)