2勝2敗で決着は最終戦へ カーリング女子代表決定戦 - 産経ニュース

メインコンテンツ

2勝2敗で決着は最終戦へ カーリング女子代表決定戦

第4戦の第1エンド、得点を喜ぶロコ・ソラーレの藤沢(右奥)ら=稚内市みどりスポーツパーク(代表撮影)
第4戦の第1エンド、得点を喜ぶロコ・ソラーレの藤沢(右奥)ら=稚内市みどりスポーツパーク(代表撮影)

カーリングの北京冬季五輪に向けた女子日本代表決定戦最終日は12日、北海道の稚内市みどりスポーツパークで第4戦が行われ、昨年の日本選手権を制したロコ・ソラーレが今年の同選手権覇者の北海道銀行を8―5で下し、2勝2敗とした。決着は同日午後の最終戦に持ち越された。

ロコ・ソラーレは大きなミスなく正確なショットで試合をつくり、6―5の第9エンドに2点スチールに成功した。

先に3勝したチームが代表に決定し、12月の最終予選(オランダ)で上位3チームに入ると北京五輪出場が決まる。