岸和田だんじり祭 2年ぶり曳行準備もコロナ不安の声強く - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸和田だんじり祭 2年ぶり曳行準備もコロナ不安の声強く

令和2年9月の「岸和田だんじり祭」。運営団体が曳行自粛を決め、紙屋町ではだんじりを小屋の隣に置いたまま鳴り物を鳴らした=大阪府岸和田市(鳥越瑞絵撮影)
令和2年9月の「岸和田だんじり祭」。運営団体が曳行自粛を決め、紙屋町ではだんじりを小屋の隣に置いたまま鳴り物を鳴らした=大阪府岸和田市(鳥越瑞絵撮影)

大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」について、運営団体がだんじりの曳(ひ)き回しを2年ぶりに復活させようと準備している。昨年は新型コロナウイルスの影響で75年ぶりに自粛したが、今年は18、19日に実施する方針だ。ただ一部のだんじりが参加自粛を決めるなど、地域には不安の声も強い。伝統継承と感染防止の間で、難しいかじ取りが迫られている。

「これはイベントではなく神事。2年連続の自粛はありえない」。だんじりを曳き回す「曳行(えいこう)」復活への思いを、運営団体の幹部はこう語気を強めて話す。

祭りは江戸時代から約300年続き、だんじりが街角を豪快に回る「やりまわし」が名物。市中心部の22町のだんじりが参加し、各町の代表で作る運営団体が自主運営してきた。

今年に入って、運営団体は感染対策を練り続けてきた。例年と異なるコースを設定してだんじりを分散させ、綱を伸ばして曳き手の密集を避ける計画で、時間も例年より短縮する。運営団体「岸和田地車祭礼年番」の奥忠宏年番長(57)は「伝統を継承する意味がある。細心のコロナ対策を取り、祭りを開催したい」と強調する。

しかし今、伝統が途切れることに危機感を強める運営団体側と、感染拡大を懸念する町側で意識にずれが生じている。関係者によると、すでに3町が祭り本番での自粛を決めた。5日に予定されていた試験曳(び)きでも、半数以上の町が自粛の方針を示し、直前になって中止となった。

背景には子供のコロナ感染への心配がある。市内でも8月以降、保育所や小学校などでクラスター(感染者集団)が発生。子供も曳き手となるが、「参加させたくない」という保護者が増えた。市内の70代女性は「見たいという気持ちはあるが、現実には厳しい」と吐露する。

「不安の声が年代を問わず高まっている」

8月末には市議会が永野耕平市長に対して、運営団体に自粛を要請するよう求めた。市には自粛を強制する権限はないが、市長は運営団体に「無観客」を求め、市が例年発行してきた祭りのパンフレットも作らず、PRはしない。それでも、街中で人の流れを制限することは難しい。運営団体からは「集まってきたら、どうしようもない」との本音も漏れている。


今年もすでに、鞍馬(くらま)の火祭(京都市)や時代祭行列(同)など、全国で多くの秋祭りや行事が中止・簡略化に追い込まれている。

日本の祭りに詳しい佛教大の八木透教授(民俗学)は「中止が2年続けば技術の継承が困難になり祭りへの動機付けも衰える。とはいえ万全の感染対策がなければ開催できないだろう」と述べ、伝統継承の意義を理解しつつも現実との折り合いの困難さを指摘した。(牛島要平、藤原由梨)