臨時医療施設に五輪ベッド メーカーが寄贈提案、大阪 - 産経ニュース

メインコンテンツ

臨時医療施設に五輪ベッド メーカーが寄贈提案、大阪

寝具メーカーのエアウィーヴから大阪府に寄贈される、東京五輪・パラリンピックの選手村で使用のベッドと枕
寝具メーカーのエアウィーヴから大阪府に寄贈される、東京五輪・パラリンピックの選手村で使用のベッドと枕

大阪府の吉村洋文知事は11日、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく臨時医療施設について、東京五輪・パラリンピックの選手村で使われたベッドと枕を使う意向を記者団に明らかにした。寝具メーカーのエアウィーヴから寄贈の提案を受けていた。

大阪市住之江区の大型展示場に設置され、今月中の開業を目指す臨時施設は、最終的に千床を設ける予定で、うち軽症・無症状患者用の800床でこのベッドを使用する見通し。吉村氏は「オリンピアン向けのベッドなので質も高い」と話した。

また、吉村氏は臨時施設の運営事業者の公募に4者から応募があったと明らかにした。そのうち1者からは、懸念されていた医療従事者の確保も事業者が担うという提案だったという。府は13日にも、優先交渉する事業者名を公表する予定。