対話チャンネル維持狙う、米、中国人権問題も提起 - 産経ニュース

メインコンテンツ

対話チャンネル維持狙う、米、中国人権問題も提起

10日、米ワシントンのホワイトハウスで記者会見するサキ大統領報道官(AP=共同)
10日、米ワシントンのホワイトハウスで記者会見するサキ大統領報道官(AP=共同)

サキ米大統領報道官は10日の記者会見で、バイデン大統領と中国の習近平国家主席による9日(北京時間10日)の電話会談について「コミュニケーションのチャンネル維持」が大きな狙いだったと説明した。バイデン氏が中国の人権問題を取り上げたことも明らかにした。詳細には触れなかった。

米側は10月末にイタリアで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ両首脳の直接会談を模索しているが、サキ氏は何も決まっていないと述べるにとどめた。

サキ氏によると、バイデン氏は習氏に米中首脳間のみで話し合いの場を持つことの重要性を指摘した。打ち解けた率直な会談で、意見の合わない分野を避けるようなこともなかった。サキ氏は、対立的な面が目立った高官レベルの米中対話とは「対照的」だったと強調した。(共同)