河野氏、首相になってもツイッター「ブロック」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

河野氏、首相になってもツイッター「ブロック」

自民党総裁選への出馬表明を行う河野太郎行政改革担当相=10日午後、国会内(春名中撮影)
自民党総裁選への出馬表明を行う河野太郎行政改革担当相=10日午後、国会内(春名中撮影)

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬表明した河野太郎ワクチン担当相は10日夜のTBS番組で、首相になってもツイッターで自身に批判的なコメントを寄せるアカウントは投稿を閲覧できないように「ブロック」する意向を示した。「ツイッターにブロックという機能がついている以上、利用は否定されるべきではない」と述べた。

河野氏のツイッターのフォロワー数は200万人を超える政界トップクラス。河野氏は番組で「SNSでは平気で人を誹謗(ひぼう)中傷する。そのおかげで非常に嫌な思いをする人もいれば、法的措置を取らざるを得なくなった人、自殺に追い込まれたような人がいる。一定の礼節は重んじなければいけない」と述べた。

また、母方にのみ天皇の血筋を引く女系天皇の容認や「脱原発」などの持論を封印しているとの見方には「私の思っていることを理解しないで、周りがそう言っているからそうなのっていう人が多い」と反論。自身が所属する麻生派(志公会、53人)が河野氏支持でまとまっていないことには「派閥でまとまって何かをしないといけないというのは、政治を取材してきた(新聞やテレビの)政治部の方の思い込みでしかない」と批判した。