【海遊館diary】太平洋の定点操業で感じる魚の変化とたくましさ - 産経ニュース

メインコンテンツ

海遊館diary

太平洋の定点操業で感じる魚の変化とたくましさ

高知県以布利沖の定置網漁。最近は今まで見られなかった魚も入ってくる
高知県以布利沖の定置網漁。最近は今まで見られなかった魚も入ってくる

高知県土佐清水市にある海遊館の研究所「以布利(いぶり)センター」のすぐ目の前は、南から流れてくる黒潮海流の影響を受け、ジンベエザメをはじめ、さまざまな生き物が訪れる豊かな海「太平洋」が広がっています。この海で、私たちは「大敷網(おおしきあみ)」と呼ばれる定置網漁に同行させてもらい、美しく雄大で、時にとても厳しい自然を体験しています。

大敷網は年間を通して同じ場所で操業することから、季節によって入網する魚が異なります。夏にはバショウカジキやカツオの仲間、冬にはマンボウやブリなどが見られ、海の四季を感じます。バショウカジキやブリのような回遊魚に限らず、1年中沿岸域で観察できる生き物でも入網する時期は決まっており、獲(と)れる魚で季節の移り変わりを感じています。

しかし、近年、バショウカジキやシイラなど夏から秋の魚を冬にも見かけることが増えました。また、以前は1回の操業で20匹ものマンボウが入網することもありましたが、最近はその数がずいぶんと少なくなりました。

そのほか、今まではあまり見なかったサメやエイの仲間、アオウミガメ、タカサゴ科の魚などが見られるようになりました。さらに、港の中では、潮通しの良い海域にしかいなかったオニヒトデが普通に見られるようになり、とても驚いています。

これらの原因はわかりません。日々、海と生き物に近い場所で過ごしていることから、この変化に何か不安を感じる一方、生き物たちが暮らし方を変えて適応しているのだろうと思うと、生命のたくましさを感じます。

生き物の暮らしの変化は、少し目線を変えることで、意外と身近なところにあるかもしれません。これからも小さな変化を見逃さないように観察し、以布利センターから発信していきたいと思います。

(以布利センター担当 入野浩之)

大阪市港区にある水族館「海遊館」に飼育されている生き物にまつわるエピソードなどを飼育員が紹介します。