【スポーツオンライン】大阪エヴェッサ、刺激的な戦いに注目 - 産経ニュース

メインコンテンツ

スポーツオンライン

大阪エヴェッサ、刺激的な戦いに注目

新体制発表会で記念撮影に応じる大阪エヴェッサの選手、スタッフら
新体制発表会で記念撮影に応じる大阪エヴェッサの選手、スタッフら

東京五輪・パラリンピックで盛り上がったスポーツ熱をどう取り込み、観客やスポンサーの増加につなげるか。すべての競技団体、リーグ、球団やクラブが取り組むべき課題である。中でも、創設から5シーズンが経過したバスケットボール男子のBリーグはプロ野球、サッカーのJリーグに続く「第3のプロリーグ」の地位を確固たるものにできるのかの瀬戸際にあるように思う。

リーグは昨年に中期経営計画を策定し、今年7月からは「これまでの延長線上にはない変革の時期『第2フェーズ』を迎えた」と規定。8月には「世界で戦えるリーグを共に作ろう」を合言葉に、第2フェーズを担う中途採用の職員募集を開始した。

ただ、最も重要なのが、所属チームのコート上の戦いなのは、変わらない。6季目となる2021-22年シーズンは9月30日に開幕する。そこで、各チームがエキサイティングな試合を披露することが、人気上昇に直結する。

6日に行われた大阪エヴェッサの新体制発表会。阿部達也ゼネラルマネジャーは「今年も走るバスケを続け、見て楽しい、ワクワクするプレーで勝ちたい」と抱負を語った。一昨季、昨季はともに西地区2位。殻を破って旋風を巻き起こせるか。スローガンは「Rokin Hot‼」。刺激的な戦いが注目される。(北川信行)