日本発の入域、原則再禁止を発表 EU、デルタ株拡大で - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本発の入域、原則再禁止を発表 EU、デルタ株拡大で

欧州連合(EU)本部=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)
欧州連合(EU)本部=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)

欧州連合(EU)は9日、日本からの渡航を再び原則禁止にしたと発表した。新型コロナウイルスのデルタ株の感染急拡大に対する警戒が背景にある。

EUは域外からの不要不急の入域を原則禁止しており、この禁止措置を「適用除外すべき国」のリストから日本を外した。日本は1月にリストから外されたが、夏の観光シーズン前の6月に再びリスト入りしていた。日本から観光などの渡航は原則、認められなくなる。ただ入国管理は各加盟国に権限があるため、日本発の渡航を実際にどう扱うかは各国が判断する。

ドイツ政府は既に日本を「ハイリスク」地域に指定し、再び入国を制限すると発表している。

ただ、ワクチン接種を完了した観光客に対しては、今後も渡航が認められる可能性がある。日本のほかアルバニア、アルメニア、アゼルバイジャンなど5カ国もリストから外された。(共同)