河野氏 憲法改正見通し、対露外交方針は明言避ける - 産経ニュース

メインコンテンツ

河野氏 憲法改正見通し、対露外交方針は明言避ける

自民党総裁選への出馬表明を行う河野太郎行政改革担当相=10日午後、国会内(春名中撮影)
自民党総裁選への出馬表明を行う河野太郎行政改革担当相=10日午後、国会内(春名中撮影)

河野太郎ワクチン担当相は10日の自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への出馬表明記者会見で、憲法改正について問われ、「憲法改正は非常に大きな問題だ」と強調した。一方で、憲法改正の見通しについては「どのタイミングで、というのはさまざな政治日程、そのときの重要課題を考え合わせてやっていかなければいけない。自民党の中、国会の中で憲法改正の議論がいろいろ行われている。重要課題と合わせて考えていきたい」と語った。

また、北方領土問題の解決など対露外交については「安倍内閣、あるいは現時点での菅内閣の方針について申し上げるのは避ける。日露の間で領土問題を解決し、平和条約を締結し、非常に重要なことだ」と述べるにとどめた。