総裁選 高市氏「増税は物価安定目標2%達成までは難しい」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

総裁選 高市氏「増税は物価安定目標2%達成までは難しい」

自民党総裁選への出馬表明を行う高市早苗前総務相=8日午後、国会内(春名中撮影)
自民党総裁選への出馬表明を行う高市早苗前総務相=8日午後、国会内(春名中撮影)

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補を表明している高市早苗元総務相は10日午前、ニッポン放送のラジオ番組に出演し、「物価安定目標2%の達成までは、現実的には増税は難しい」と述べた。これまで主張してきた金融所得税率の引き上げに関しても「きっちりとタイミングをみる」と述べ、物価安定目標2%の達成を優先する考えを示した。

高市氏はまた「『貯蓄から投資へ』が私の信条だ。投資をされた人が非常にもうかる形を作っていかなければいけない」と説明。その上で「分厚い中間層を作っていく」と強調した。

一方、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出については、米国などが日本産食品に輸入規制を課していることに触れ、「私たち日本人がおいしくいただいているものに対して、風評被害を払拭するための強力な外交が必要だ」とし、情報発信や関係者への説明を優先すべきだとの考えを重ねて示した。その上で「建屋に直接止水工事をすることは技術的に可能だと東電や事業者に確認している。これ以上、いわゆる汚染された水を増やさない取り組みが第一だ」と述べた。