【プレビュー】アフガンからの逃避行「ミッドナイト・トラベラー」ほか3本 - 産経ニュース

メインコンテンツ

プレビュー

アフガンからの逃避行「ミッドナイト・トラベラー」ほか3本

映画「ミッドナイト・トラベラー」の一場面(C)2019 OLD CHILLY PICTURES LLC.
映画「ミッドナイト・トラベラー」の一場面(C)2019 OLD CHILLY PICTURES LLC.

公開中または間もなく公開される作品から、文化部映画担当の編集委員がピックアップした「プレビュー」をお届けします。上映予定は予告なく変更される場合があります。最新の上映予定は各映画館にお問い合わせください。

「ミッドナイト・トラベラー」

駐留米軍の撤収を機にイスラム原理主義勢力タリバンが実権を掌握したアフガニスタン。タリバンを恐れる多くの市民が空港に殺到する様子は、世界に衝撃を与えた。

この作品は2015年、タリバンから死刑宣告を受けたアフガン人映画監督、ハッサン・ファジリが妻と幼い娘2人を伴い、アフガンを陸路で脱出し、欧州までの5600キロに上る逃避行を2年近くにわたり、スマートフォン3台で撮影したドキュメンタリー。

アフガンを脱出し、イラン、トルコ、ブルガリアを経てハンガリーへと逃れていく家族。密航ブローカーにだまされ娘を誘拐すると脅されたり、難民排斥を訴える市民から暴行を受けたり、尊厳を傷つけられる経験も、当事者の目線で淡々と伝えている。

祖国を追われる難民家族の悲哀とともに、たくましく生きていく人間の姿に感動する。サンダンス映画祭ワールドシネマドキュメンタリー審査員特別賞など多数の映画賞を受賞。米、英、カタール、カナダ合作。

11日から東京・シアター・イメージフォーラム、18日から大阪・第七藝術劇場などで全国順次公開。1時間27分。(啓)

映画「浜の朝日と嘘つきどもと」(C)2021 映画「浜の朝日の嘘つきどもと」製作委員会
映画「浜の朝日と嘘つきどもと」(C)2021 映画「浜の朝日の嘘つきどもと」製作委員会
「浜の朝日の嘘つきどもと」

高畑充希(みつき)を主演に、落語家の柳家喬太郎、お笑いの大久保佳代子が共演。東日本大震災後の福島県南相馬市の映画館「朝日座」を舞台にした、風変わりな大人向けの人情ファンタジー。

映画館の再建話を軸に震災、コロナ禍、人の絆といった要素を絡め、それでもスッキリとまとめてみせた。監督で脚本も手掛けたタナダユキの手腕か。高畑はもちろん、柳家と大久保もいい。大久保は、ほれっぽく失恋のたびに映画を見て立ち直る教師の役がピタリとハマり、その存在感は、主人公のとっぴとも思える行動に説得力を持たせる。

10日から東京・シネスイッチ銀座、大阪・テアトル梅田などで全国順次公開。1時間54分。(健)

映画「ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!」の一場面(C)BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
映画「ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!」の一場面(C)BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
「ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!」

ベストセラー作家のチャールズ(ダン・スティーブンス)はスランプから抜け出すために、霊媒師(ジュディ・デンチ)に頼み、7年前に事故死した最初の妻、エルヴィラ(レスリー・マン)を呼び戻すことに。エルヴィラは夫との再会を喜んだのもつかの間、チャールズには後妻がいると知って…。

原案は英国の俳優で作家、作曲家、映画監督などさまざまな顔を持つノエル・カワードの戯曲「陽気な幽霊」。1941年の初演以来、約2千回にわたり上演されてきた名作が映画化された。監督はエドワード・ホール。英製作。

10日から東京・TOHOシネマズシャンテ、大阪・TOHOシネマズなんばなどで全国順次公開。1時間40分。(啓)

映画「ミス・マルクス」の一場面(C)2020 Vivo film/Tarantula
映画「ミス・マルクス」の一場面(C)2020 Vivo film/Tarantula
「ミス・マルクス」

経済学者のカール・マルクスの娘で女性や労働者の権利向上のために生涯をささげ、43歳の若さで亡くなったエリノア・マルクス(1855~98年)の半生を初めて映画化。

最愛の父、カールを失ったエリノア(ロモーラ・ガライ)は劇作家で社会主義者のエドワード・エイヴリングと恋に落ちる。しかし、不実なエイヴリングへの献身的な愛は次第に心をむしばんでいく…。激しいパンクロックに乗せ、エリノアの心の叫びが聞こえてくるよう。イタリア出身のスザンナ・ニッキャレッリ監督。伊、ベルギー合作。

東京・新宿シネマカリテなどで公開中、17日から大阪・シネ・リーブル梅田などで全国順次公開。1時間47分。(啓)