音楽フェスの後援取り消し 千葉市、開催延期拒否で - 産経ニュース

メインコンテンツ

音楽フェスの後援取り消し 千葉市、開催延期拒否で

千葉市役所(平田浩一撮影)
千葉市役所(平田浩一撮影)

新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、千葉市が延期などを求めている大規模音楽フェスティバル「スーパーソニック」を巡り、主催者側が感染防止策を徹底した上で予定通り開催する意向を示したことを受け、同市が後援を取り消したことが10日、市への取材で分かった。

イベントは18、19日に同市のZOZOマリンスタジアムで開催する予定で、各日約1万3000人分のチケットが販売済み。市によると、主催する「クリエイティブマンプロダクション」から9日、「延期や規模縮小は難しい」旨の回答があった。市は同日、後援取り消しを決定。当日、職員を現地に派遣し、感染対策が守られているかを確認する。

イベントを巡っては、県も規模縮小を求めており、市は日程を変えずに開催する場合は後援を取り消す意向を示していた。