黒木華「定義づけずにフラットで」(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

黒木華「定義づけずにフラットで」

「私は、割と適当に生きています」といって驚かすが、こう続ける。

「自分をこうだと定義できないのが、人間のおもしろいところ。自分はこういう人間ですよといった途端、その言葉に縛られてしまいそうだから」

「適当に」とは、つまりフラットにということか。女優としてのみならず、人間としても自然体で生きているようだ。(石井健)

<くろき・はる> 平成2年生まれ、大阪府出身。22年、デビュー。映画は25年、「シャニダールの花」で初主演。「母と暮せば」「リップヴァンウィンクルの花嫁」「浅田家!」など多数出演。「イチケイのカラス」(フジテレビ系)などドラマ、舞台でも活躍している。

「先生、私の隣に座っていただけませんか?」は、10日から東京・新宿ピカデリー、大阪ステーションシティシネマなどで全国公開。1時間58分。