鈴木がシカゴマラソン出場表明 日本記録樹立後初レース - 産経ニュース

メインコンテンツ

鈴木がシカゴマラソン出場表明 日本記録樹立後初レース

鈴木健吾
鈴木健吾

男子マラソンの日本記録を持つ鈴木健吾(富士通)が10月10日のシカゴ・マラソンに出場することを10日、自身のツイッターなどで表明した。

神奈川大出身の26歳、鈴木は2月28日のびわ湖毎日で日本選手で初めて2時間5分を切る2時間4分56秒の日本記録を樹立。それ以来のマラソンとなる。

シカゴでは2018年に大迫傑が当時の日本記録となる2時間5分50秒で3位に入った。19年には女子でブリジット・コスゲイ(ケニア)が2時間14分4秒の世界記録を樹立した。