元読売記者の有罪確定へ 覚醒剤所持、使用 - 産経ニュース

メインコンテンツ

元読売記者の有罪確定へ 覚醒剤所持、使用

読売新聞社東京本社ビル=東京都千代田区(松井英幸撮影)
読売新聞社東京本社ビル=東京都千代田区(松井英幸撮影)

最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は、覚醒剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた元読売新聞記者、石橋武治被告(36)の上告を棄却する決定をした。8日付。懲役1年6月、執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。

判決によると、昨年1~2月、東京都内かその周辺で覚醒剤を使用。2月3日、新宿区歌舞伎町の路上で覚醒剤を含む液体約5・6ミリリットルを所持した。

被告は当時、読売新聞北海道支社千歳通信部の記者で、病気療養のため東京都立川市の実家に帰っていた。公判では「覚醒剤を使用、所持した認識はない」と無罪を主張したが、退けられた。