田村厚労相「順調に感染者減れば宣言解除水準に」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

田村厚労相「順調に感染者減れば宣言解除水準に」

記者会見する田村厚労相=10日午前、厚労省
記者会見する田村厚労相=10日午前、厚労省

田村憲久厚生労働相は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、期限を30日まで延長した緊急事態宣言について「順調に新規感染(者数)が減っていけば、9月の終わり頃には多くの地域で解除ができる水準まで下がってくる」との見通しを示した。

新型コロナワクチンの2回接種を終えた人を対象とした3回目の追加接種(ブースター接種)に関しては「早急に方向性を決めなければならない。必要だということになれば、早急に体制整備をしていかなければならない」と述べた。

また、緊急事態宣言の対象地域でも条件付きで行動制限を緩和する政府方針に対し、慎重論が出ていることについては「どこかではやらなければいけない話だ。ずっと今のままというわけにはいかない」と理解を求めた。

緊急事態宣言を受け、閑散とした新宿三丁目の居酒屋街=11日午後、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)
緊急事態宣言を受け、閑散とした新宿三丁目の居酒屋街=11日午後、東京都新宿区(萩原悠久人撮影)