男子100メートルはカーリーが9秒87でV 陸上DL最終戦 - 産経ニュース

メインコンテンツ

男子100メートルはカーリーが9秒87でV 陸上DL最終戦

陸上のダイヤモンドリーグ最終戦最終日は9日、スイスのチューリヒで行われ、100メートルの男子は東京五輪銀メダルのフレッド・カーリー(米国)が9秒87、女子は五輪2連覇中のエレーン・トンプソンヘラ(ジャマイカ)が10秒65で制した。

男子の400メートル障害はカルステン・ワーホルム(ノルウェー)が47秒35、棒高跳びはアルマント・デュプランティス(スウェーデン)が6メートル06、走り高跳びはジャンマルコ・タンベリ(イタリア)が2メートル34で、いずれも東京五輪王者が優勝。女子の200メートルはクリスティン・エムボマ(ナミビア)が21秒78のU20(20歳未満)世界記録で、棒高跳びは個人資格で参加のアンジェリカ・シドロワ(ロシア)が今季世界最高の5メートル01で勝った。

各種目の年間上位選手で争われる最終戦の優勝者が年間総合覇者となる。(共同)