【産経抄】9月10日 - 産経ニュース

産経抄

9月10日

日本のお札の肖像としてもっとも多く登場しているのは、聖徳太子である。戦前の百円札に始まり、7回を数える。戦後、「肖像にふさわしい人物」の議論が起こると、当時の日銀総裁が「太子は軍国主義者どころか平和主義者の代表である」と主張して、GHQを押し切ったそうだ。 

▼日本初の一万円札として、聖徳太子の肖像が描かれた紙幣の発行が始まったのは、昭和33年12月1日だった。当時の大卒初任給は、1万3000円程度だったから、庶民にはほとんど縁がなかった。その後は次第にありがたみが減ってきたとはいえ、59年に福沢諭吉にバトンタッチするまで、太子は最高額紙幣の顔であり続けた。

▼その聖徳太子の旧一万円札の偽札が、先月から東京都内のコンビニエンスストアなどで発見され、ベトナム人の男女3人が逮捕された。旧札が偽造されたのは、最新の防止技術がほどこされた現在の一万円札の偽造が不可能だったからと考えられる。今後はキャッシュレス化が進み、偽札づくりはますます「割に合わない犯罪」になっていくだろう。

ランキング

  1. 河野氏、親族企業の中国との関係「政治活動に影響全くない」
  2. 世界同時株安、「中国版リーマンショック」の懸念強まる
  3. コロナ行動制限「効果があったのか」 麻生財務相が苦言
  4. 107歳双子が長寿ギネス認定 きんさんぎんさんの記録更新
  5. 廃棄物から1千万円発見 兵庫・姫路の処理施設
  6. 【産経・FNN世論調査】次の総裁、自民支持層でも河野氏断トツ、期待するのはリーダーシップ
  7. EU、仏潜水艦計画破棄「許されない」と米豪を批判
  8. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  9. 高市氏と蔡総統の会談全文 安全保障など交流強化を確認
  10. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり

メインコンテンツ