校長ら775人を処分 自粛要請に反し会食 - 産経ニュース

メインコンテンツ

校長ら775人を処分 自粛要請に反し会食

大阪市教育委員会が入る同市役所=同市北区
大阪市教育委員会が入る同市役所=同市北区

大阪府教育庁と大阪市教育委員会は10日、新型コロナウイルスの感染防止の呼びかけに反して多人数での会食に参加したなどとして、校長7人を含む775人を処分したと発表した。処分されたのは府で453人、大阪市で322人。

府教育庁によると、府立高校の校長と府立支援学校の校長を懲戒処分である戒告としたほか、教頭ら3人を厳重注意、教諭ら448人を所属長注意とした。市教委によると、小中学校の校長5人と市教委指導主事1人の計6人を戒告、316人を口頭注意とした。

府教育庁は「勤務時間の内外を問わず、教育公務員としての自覚を持って行動するよう、より一層の徹底を図る」としている。

府と大阪市では、緊急事態宣言が解除されていた3月1日~4月上旬にかけ、職員が5人以上で深夜にかけて会食して複数人の感染者が確認されたことを受け調査していた。府と大阪市では7月に職員計1474人を処分している。