逮捕の巡査部長を停職 資産家殺人で出張、和歌山 - 産経ニュース

メインコンテンツ

逮捕の巡査部長を停職 資産家殺人で出張、和歌山

和歌山県警は10日、東京都大田区で4月に女性を転倒させたとして逮捕され、傷害罪などで略式起訴された県警捜査1課の讃岐真生巡査部長(36)を停職6カ月の懲戒処分とした。捜査関係者によると、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家殺人事件で出張中だった。巡査部長は10日付で依願退職した。

県警監察課によると、平成30年9月に和歌山県橋本市内の民家の風呂をのぞこうとしたとして、警視庁に8月、住居侵入容疑で再逮捕されていた。

県警の聞き取りに「取り返しのつかないことをした」と話したという。

監察課によると、大田区の路上で4月18日午後9時半ごろ、通行人の女性ともみ合いになって転倒させ、軽傷を負わせた。盗撮しようとして女性に近づいたが、気付かれてトラブルになったという。