岸田氏、遺族会に支援要請 遺骨収集推進 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田氏、遺族会に支援要請 遺骨収集推進

岸田文雄前政調会長(松井英幸撮影)
岸田文雄前政調会長(松井英幸撮影)

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への出馬を表明している岸田文雄前政調会長は10日、東京都内で日本遺族会の幹部らと面会し、支援を要請した。

岸田氏は産経新聞の取材に対し、「戦没者の遺骨収集や全国戦没者追悼式に出席するための旅費の問題など、いろんな話を聞いた。遺族の思いを形にできるように取り組んでいきたい」と述べた。

遺族会会長の水落敏栄参院議院運営委員長は、岸田派(宏池会)に所属。岸田氏が政調会長時代に政府の「骨太の方針」に初めて遺骨収集の推進を明記するよう尽力した経緯もあり、総裁選で岸田氏を支持している。党員になっている会員ら約1万5千人にはがきを送り、投票を呼びかける。