古田新太11年ぶりフジ木曜劇場 「のりちゃん(江口のりこ)とのシーン、楽しみ」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

古田新太11年ぶりフジ木曜劇場 「のりちゃん(江口のりこ)とのシーン、楽しみ」

主演・江口のりことの掛け合いが楽しみな古田新太(C)フジテレビ
主演・江口のりことの掛け合いが楽しみな古田新太(C)フジテレビ

俳優の古田新太(55)が10月スタートの江口のりこ主演「SUPER RICH」(木曜後10・0、フジテレビ系)で11年ぶりに木曜劇場に出演する。

ベンチャー企業の破天荒な女性社長・氷河衛(まもる、江口)の波瀾万丈の半生を描く完全オリジナルドラマ。アラフォー女性のリアルな心情を描き出すなか、会社の門をたたく貧乏専門学生役の赤楚衛二、優秀な右腕として社長を献身的に支える役どころの町田啓太らが共演する。

古田は、衛の会社「スリースターブックス」で独特のキャラクターを発揮する電子書籍編集長・碇(いかり)健二を演じる。2人は特別な絆でつながっているという設定だ。

「不毛地帯」(2009年10月~10年3月)以来の木曜劇場となる古田は「周りが若くてキラキラした役者さんばかりで戸惑っている。この間、のりちゃん(江口)と一緒のシーンがありホッとした。今後はのりちゃんとのシーンも増えそうなので楽しみにしている。みなさんに迷惑をかけないようふざけたい」と話していた。

2人とも大好きな俳優だという金城綾香プロデューサーは「ドラマの夢がかなってうれしい。会社で一番年上の碇だが、誰に対しても敬語を使う人。やりたいことをまっすぐ貫き、物語の中で大切なキャラクターとなっていく」と期待を寄せる。

(産経デジタル)