「初代白玲」は西山女流三冠か渡部女流三段か 第1期ヒューリック杯白玲戦 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「初代白玲」は西山女流三冠か渡部女流三段か 第1期ヒューリック杯白玲戦

第1期ヒューリック杯白玲戦第1局の開幕式で、マスクを外しての記念撮影に応じる(左から)西山朋佳女流三冠、渡部愛女流三段=10日、東京都港区の」グランドニッコー東京 台場」
第1期ヒューリック杯白玲戦第1局の開幕式で、マスクを外しての記念撮影に応じる(左から)西山朋佳女流三冠、渡部愛女流三段=10日、東京都港区の」グランドニッコー東京 台場」

将棋の第1期ヒューリック杯白玲(はくれい)戦七番勝負(ヒューリック主催)の第1局が11日、東京都港区の「グランドニッコー東京 台場」で指される。「初代白玲」の座を懸けて対戦するのは西山朋佳女流三冠(26)=女王・女流王座・女流王将=と渡部愛(まな)女流三段(28)。西山女流三冠は9期目のタイトル、渡部女流三段はタイトル2期目にそれぞれ挑む。

前日の10日は対局場で検分が行われ、両対局者は駒や照明の具合などを確認した。その後、関係者のみの少人数での開幕式が同ホテルで行われた。

ヒューリックの西浦三郎会長=10日、東京都港区の」グランドニッコー東京 台場」
ヒューリックの西浦三郎会長=10日、東京都港区の」グランドニッコー東京 台場」

冒頭、ヒューリック杯棋聖戦も特別協賛しているヒューリックの西浦三郎会長が「ようやくタイトル戦になるということでうれしく思う。(対局者の)2人には健康に気をつけて、良い対局、良い棋譜を残してもらいたい」とあいさつ。その後、両対局者がマイクの前に立ち、西山女流三冠が「(白玲戦の)第1回に出られることに喜びを持っています。平常心で臨んでいければ良いと思っています」、渡部女流三段は「緊張感が高まってきました。内容の良い将棋を指せるよう一局一局やっていきたい」と、それぞれ意気込みを語った。

白玲戦は8つ目の女流タイトル戦として創設され、昨年11月に第1期女流順位戦が開幕。女流タイトル戦初の七番勝負で、優勝賞金は女流タイトル戦最高額の1500万円。