石原派、政策分析して対応決定確認 総裁選 - 産経ニュース

メインコンテンツ

石原派、政策分析して対応決定確認 総裁選

自民党の石原伸晃元幹事長
自民党の石原伸晃元幹事長

自民党石原派(近未来政治研究会、10人)は9日、東京都内で会合を開き、党総裁選(17日告示、29日投開票)などの対応について協議した。終了後、会長を務める石原伸晃元幹事長は「立候補者の政策がそろったら、政策をみんなでしっかりと分析しようと申し上げた」と述べ、政策を見極めた上で派としての方針を決めることを明らかにした。

石原氏自身の総裁選出馬については「『立候補しろ』との声もあったが、今回は立候補者を次の首相として選んでいきたい」と不出馬の意向を示した。

総裁選をめぐり石原派は菅義偉首相の支持を表明していたが、首相は総裁選への不出馬を表明。石原氏は「今までと勝手が違う。個々、何を考えているのか、基本政策は重視していく」と説明し、「日本国のかじ取りを任せる首相を決める総裁選だ。慎重かつ大胆に行動していきたい」と強調した。