10日開幕のカーリング女子代表決定戦へ両スキップが意気込み - 産経ニュース

メインコンテンツ

10日開幕のカーリング女子代表決定戦へ両スキップが意気込み

来年の北京冬季五輪に向けたカーリング女子日本代表決定戦が北海道稚内市で10日に開幕し、日本選手権を昨年制したロコ・ソラーレと今年の覇者の北海道銀行が対戦する。両チームのスキップが9日、オンラインで記者会見し、ロコ・ソラーレの藤沢五月は「チームで楽しんでプレーするだけ」と語り、北海道銀行の吉村紗也香は「練習してきたことを出し切りたい」と意気込んだ。

代表決定戦は5回戦制で行われ、先に3勝した方が代表となる。12月の五輪最終予選(場所未定)で出場枠を獲得すれば五輪切符を手にする。

ロコ・ソラーレは直前まで男子チームと練習試合を実施し、藤沢は「みんなの状態はすごく良くなってきている」と手応えを口にした。北海道銀行は陸上トレーニングを中心に体の状態を整え、吉村は「チャンスをつかみ取りたい」と話した。