東京六大学1週遅れで開幕 法大部員コロナ感染の影響 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京六大学1週遅れで開幕 法大部員コロナ感染の影響

東京六大学野球連盟は9日、法大の硬式野球部員に新型コロナウイルス感染者が多数出た影響により、開幕を1週間遅らせて18日にすると発表した。法大は10月9日の立大戦が初戦となる。内藤雅之事務局長は「不戦敗、不戦勝は避けて、リーグとして6つのカードを完遂したい」と日程変更の理由を説明した。

法大は8月25日付の公式サイトで硬式野球部所属の学生33人が感染したことを発表していた。