石破氏、総裁選判断時期「いつまでとはいえない」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

石破氏、総裁選判断時期「いつまでとはいえない」

石破茂元幹事長
石破茂元幹事長

自民党の石破茂元幹事長は9日のTBS番組で、総裁選(17日告示、29日投開票)への自身の態度は白紙だと強調し、判断時期についても「いつまで(に決める)とはいえない。昨日と今日で(情勢が)全然違う。国民に対する判断だから、『間違った』では済まない」と述べ、慎重に判断する考えを示した。

立候補に必要な党所属議員20人の推薦人の確保に関しては「(総裁選に出馬した)昨年と変わらない」と述べ、自信を見せた。

学校法人「森友学園」をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題については再調査が必要だとの認識を示した。「安倍晋三前首相は『説明はした』というが、国民は納得したか。多くの国民に『そういうことだったんだね』と納得してもらうことが説明責任を果たしたことだと思う」と述べた。