石破氏、森友再調査必要「国民の納得のため」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

石破氏、森友再調査必要「国民の納得のため」

自民党の石破茂元幹事長(春名中撮影)
自民党の石破茂元幹事長(春名中撮影)

自民党の石破茂元幹事長は9日のTBS番組で、森友学園問題をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)に関し、再調査が必要との認識を示した。「国民の納得のために必要なことであれば、やらなければいけない」と述べた。

文書を改竄させられた職員の自殺に触れ「人が一人死んでいる。人生もあれば、家族もあった。それをどう考えるのかということだ」と指摘。桜を見る会問題についても「開催をやめたが、それでいいとは思っていない」と強調した。

令和元年参院選広島選挙区の買収事件をめぐり、党本部が河井案里氏陣営に投入した1億5千万円に関し「買収に使われていないと明らかにすればいい。きちんと証明するのが党の責務だ」と語った。