囲碁の天元戦挑戦者に関航太郎四段、史上最速 - 産経ニュース

メインコンテンツ

囲碁の天元戦挑戦者に関航太郎四段、史上最速

第47期天元戦五番勝負の挑戦権を獲得した関航太郎四段(右は芝野虎丸王座)
第47期天元戦五番勝負の挑戦権を獲得した関航太郎四段(右は芝野虎丸王座)

囲碁の第47期天元戦の挑戦者決定戦が9日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、関航太郎四段(19)が芝野虎丸王座(21)を破り、初の五番勝負進出を決めた。関四段は今期、横塚力七段や大西竜平七段、李沂修(り・いしゅう)八段や本木克弥八段を下してきた。

昨年の新人王戦決勝三番勝負で優勝している関四段は、七大タイトルに挑戦するのは初めて。「トップ棋士相手に、どれだけ戦えるか楽しみ。しっかり準備して臨みたい」と語った。

プロ入り4年6カ月での挑戦は、芝野王座の4年11カ月を上回り史上最速。七大タイトル挑戦の規定により、10日付で七段に昇段。

初防衛を目指す一力遼天元(24)とのシリーズは10月5日に開幕する。七大タイトルの開幕局を10代(19歳10カ月)で迎えるのは井山裕太四冠(平成20年の名人戦を19歳3カ月)、一力天元(平成28年の天元戦を19歳4カ月)、芝野王座(令和元年の名人戦を19歳9カ月)に続いて4人目。