御嶽「新横綱に初黒星を」 連続関脇、照富に対抗心 - 産経ニュース

メインコンテンツ

御嶽「新横綱に初黒星を」 連続関脇、照富に対抗心

御嶽海関
御嶽海関

大相撲秋場所(12日初日、両国国技館)を2場所連続の関脇で迎える御嶽海が9日、東京都墨田区の出羽海部屋での稽古後に報道陣の電話取材に応じ、「最近、番狂わせを起こせなくなってしまった。新横綱に初黒星をつけたいという気持ちでいる」と照ノ富士への対抗心を燃やした。

優勝2度の実績を誇り、今場所で8場所連続の三役。大関昇進への足固めとなる三役での2場所続けての2桁勝利を果たせずにいる。先場所も8勝7敗に終わり「どうしても連続2桁勝利が取れないというのは悔しい」と実感を込める。

現状打破に向け、スピード向上を意識し「当たって走る稽古」に力を注いでいるという。今場所は22歳の豊昇龍や23歳の琴ノ若らが幕内上位に名を連ねた。28歳の実力者は「下から若い人がきているので譲れない部分がある。しっかり自分の強さを発揮して、期待に応えたい」と意気込んだ。