日本、アフガン人道支援で2億ドル拠出へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本、アフガン人道支援で2億ドル拠出へ

アフガニスタン情勢をオンライン会合で議論した日米や欧州などの閣僚ら=8日(外務省提供)
アフガニスタン情勢をオンライン会合で議論した日米や欧州などの閣僚ら=8日(外務省提供)

茂木敏充外相は8日夜、欧米など約20カ国の外相らによるアフガニスタン情勢に関するオンライン会合に出席し、アフガンや周辺国で人道支援の必要性が高まっていることを踏まえ、日本として総額約2億ドル(約220億円)の支援を行う用意があると表明した。国際機関を通じ、食糧や保健、教育などの分野で支援を行う。

日本政府は、アフガンのイスラム原理主義勢力タリバンが暫定政権の閣僚を発表したことに関して「顔ぶれがどうこうより、タリバンが対外的に言ってきたことが実際の行動に表れるかだ」(外務省)として、テロへの支援や人権侵害を行わないかなどを見極める構えだ。現地に残る邦人や日本大使館のアフガン人職員らの安全確保や国外退避に向け、政府代表をカタールに派遣し、タリバン側と接触している。