大阪市長、来年度も給食費無償の方針 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪市長、来年度も給食費無償の方針

市立小中学校の給食費の無償化について、来年度も継続する考えを明らかにした松井一郎・大阪市長=9日、大阪市役所
市立小中学校の給食費の無償化について、来年度も継続する考えを明らかにした松井一郎・大阪市長=9日、大阪市役所

大阪市の松井一郎市長は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として実施している市立小中学校の給食費の無償化について、来年度も継続する考えを明らかにした。

同市ではコロナで経済的な影響を受ける子供がいる家庭を支援するため、昨年度から世帯所得などに関係なく、給食費を一律無償としている。この日開いた市政運営方針を協議する戦略会議で、子育て世代への支援は継続するとの方針を決めた。

給食費の無償化は子育て世代の支援を目的に、昨年度から実施。市教育委員会によると、市立校の全小中学生約16万5千人が対象で、今年度は約60億円を計上している。

会議後、松井氏は記者団に「来年度、コロナの影響はすべて押さえ込めて、以前の社会に戻っているとは考えにくい。引き続き子育て世代の負担を減らしたい」と述べた。