三好長慶の居城・芥川山城の御城印帳、返礼品に 大阪・高槻市 - 産経ニュース

メインコンテンツ

三好長慶の居城・芥川山城の御城印帳、返礼品に 大阪・高槻市

大阪府高槻市がふるさと納税の返礼品として提供を始めた芥川山城の御城印帳
大阪府高槻市がふるさと納税の返礼品として提供を始めた芥川山城の御城印帳

大阪府高槻市の市立しろあと歴史館は、戦国武将・三好長慶が居城した芥川(あくたがわ)山城の御城印帳と、同市にゆかりがあり長慶に仕えたとされる松永久秀の武将印を作成。市のふるさと納税の返礼品として提供を開始した。

芥川山城は長慶が居城とした場所として知られ、大阪平野を一望する三好山に、天然の要害を利用して築かれた。日本城郭協会が選ぶ「続日本100名城」にもなっており、市は国史跡指定を目指している。松永久秀は、長慶に忠義を尽くした武将として知られている。

同館が作成した御城印帳は縦18・5センチ、横12・5センチで、御城印や武将印を収納できる帳面が42枚分ある。久秀の武将印は、松永家の家紋とされる蔦(つた)紋を大きくデザインに使用しており、「御城印帳限定」と印刷されている。

同館の西本幸嗣館長は「ふるさと納税を通じて、高槻ゆかりの戦国武将や芥川山城を全国の人に知ってもらう機会にしたい」と期待を寄せている。

返礼品は1万5千円以上の寄付が対象で、芥川山城の御城印帳と武将印に、すでに販売している芥川山城の御城印、長慶と久秀の武将印を加えた計5点。300セット限定。

また、返礼品を受け取れない市民を対象に、御城印帳と限定武将印の2点(2800円)を、150セット限定で抽選販売する。往復はがきに住所、氏名、電話番号、「御城印帳購入希望」と書いて、同館に申し込む。応募は30日必着。

問い合わせは高槻市立しろあと歴史館(072・673・3987)。