京都のホテル、祇園のお米とコラボのスイーツ - 産経ニュース

メインコンテンツ

京都のホテル、祇園のお米とコラボのスイーツ

「京の米料亭 八代目儀兵衛」のこだわりの米を使ったウェスティン都ホテル京都のアフタヌーンティー
「京の米料亭 八代目儀兵衛」のこだわりの米を使ったウェスティン都ホテル京都のアフタヌーンティー

ウェスティン都ホテル京都(京都市東山区)は10月1日から31日まで、2階のブッフェレストラン「洛空(らくう)」で、祇園の老舗「京の米料亭 八代目儀兵衛(ぎへい)」の「お米マイスター」が厳選した米を使ったスイーツなどが楽しめる「アフタヌーンティー」の提供を始める。

使うのは、希少品種の米「夢ごこち」とプレミアム玄米で知られる「金のいぶき」。それぞれの米の持ち味を生かし、ホテルのシェフがオリジナリティーあふれるメニューに仕上げた。

甘味と風味が豊かな「夢ごこち」のお餅を粒あんで包んだ「おはぎ」、「夢ごこち」の濃厚な風味が楽しめるおこげとレーズンチョコレートを組み合わせた「おこげクランチ」、「夢ごこち」の上品な甘味が印象的な「お米のババロア」、「金のいぶき」の玄米粉を使った「玄米のドーナツ」などを提供する。

同ホテル担当者は「豊穣(ほうじょう)の秋の象徴として一番に思い浮かぶのがお米。新米がおいしくいただけるこの時期にふさわしいアフタヌーンティーです」と話している。

正午から午後4時で2時間制。前日の午後5時までに予約が必要。料金は5100円(税・サービス料込み)。予約・問い合わせは同ホテルのレストラン予約係(075・771・7158)。