精神科入院中の拘束は「合理的」、死亡患者の遺族敗訴 - 産経ニュース

メインコンテンツ

精神科入院中の拘束は「合理的」、死亡患者の遺族敗訴

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

平成28年1月、東京都の精神科病院に入院していた女性=当時(54)=がエコノミークラス症候群で死亡したのは、長期間の不当な身体拘束が原因として、遺族が病院側に約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は9日、「拘束は合理的で違法性はない」として遺族側の請求を棄却した。

判決によると、女性は病院に入院した直後から、主治医の指示で両手首や胴体をベッドに縛られた。8日目に拘束を外され、シャワーを浴びた際に心肺停止状態となり、その後死亡した。

男沢聡子裁判長は、女性の当時の言動などから「拘束以外に代替方法がないとした医師の判断は妥当だった」と指摘。その上で、エコノミークラス症候群の予防のため「入院5日目からは拘束を段階的に解除し、自力での排せつなど積極的な運動の機会を与えていた」として病院側に責任はないと判断した。