温泉井戸で作業の1人死亡 熱中症か、2人体調不良 - 産経ニュース

メインコンテンツ

温泉井戸で作業の1人死亡 熱中症か、2人体調不良

8日午後2時45分ごろ、福島市飯坂町湯野新湯、温泉旅館「穴原温泉いづみや」の源泉をくみ上げる井戸で、作業中の男性3人が体調不良になり救急搬送された。このうち同市松川町関谷大窪、自営業、田中寛さん(75)が死亡した。残る2人は命に別条はない。内部は高温で熱中症の疑いがある。有毒ガスは確認されていない。

福島北署と市消防本部によると、井戸は深さ約30メートル。当時は4人でポンプを移動させる作業をしていた。うち1人が井戸から出ると、中から救急車を呼んでほしいという声があり119番した。搬送時、田中さんは意識不明の状態。40代男性は意識がもうろうとし、30代男性は自力で歩けたという。