北朝鮮が未明の軍事パレードを報道、正恩氏も出席も規模は小さく - 産経ニュース

メインコンテンツ

北朝鮮が未明の軍事パレードを報道、正恩氏も出席も規模は小さく

北朝鮮建国73年の記念日を迎え、9日未明に平壌の金日成広場で行われた「民間・安全武力閲兵式」。同日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)
北朝鮮建国73年の記念日を迎え、9日未明に平壌の金日成広場で行われた「民間・安全武力閲兵式」。同日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は建国73年の記念日を迎えた9日未明、平壌の金日成(キム・イルソン)広場で「民間・安全武力閲兵式」として、非正規軍部隊を中心にした軍事パレードを実施した。北朝鮮国営メディアが報じた。金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党総書記が出席したが、新型の弾道ミサイルなど戦略兵器の登場は確認されなかった。

今年の建国記念日は5年や10年ごとの節目に当たらず、パレード実施は異例だ。国際社会による制裁や新型コロナウイルス対策の国境封鎖で経済難が深まる中、国威発揚と内部結束を促す狙いとみられる。

一方で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)といった米国を狙った戦略兵器を登場させず、米国との当面の緊張激化は避けた形だ。

金氏は演説せず、李日煥(リ・イルファン)党書記が演説で「一心団結の威力で難局を打開し、社会主義建設の激変期を開いていく」と訴えた。

北朝鮮は昨年10月10日の党創建75周年に新型ICBMが登場するパレードを実施。今年1月14日にも5年ぶりの党大会を記念して軍事パレードを行い、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を公開した。今回はこの2回に比べ、規模も小さかった。

>加藤氏、軍事パレード実施の北朝鮮動向「分析続ける」

北朝鮮建国73年の記念日を迎え、9日未明に平壌の金日成広場で行われた「民間・安全武力閲兵式」。同日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)
北朝鮮建国73年の記念日を迎え、9日未明に平壌の金日成広場で行われた「民間・安全武力閲兵式」。同日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)
北朝鮮建国73年の記念日を迎え、9日未明に平壌の金日成広場で行われた「民間・安全武力閲兵式」で行進する兵士。同日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)
北朝鮮建国73年の記念日を迎え、9日未明に平壌の金日成広場で行われた「民間・安全武力閲兵式」で行進する兵士。同日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)