八坂神社本殿は春日大社に由来 神戸大名誉教授が新説 - 産経ニュース

メインコンテンツ

八坂神社本殿は春日大社に由来 神戸大名誉教授が新説

現在の水谷神社本殿。剣巴紋が施されている(本殿右下部分)=奈良市の春日大社
現在の水谷神社本殿。剣巴紋が施されている(本殿右下部分)=奈良市の春日大社

祇園(ぎおん)祭で知られる八坂神社(京都市東山区)の大規模な本殿について、中心部の原形が春日大社境内(奈良市)にある摂社、水谷(みずや)神社に由来するという新説を黒田龍二・神戸大名誉教授(建築史)が打ち出した。当初の建築様式に類似性がみられ、八坂神社は春日大社の影響を受けたと考えられるという。論文が「月刊文化財」(文化庁監修)に掲載された。

国宝に指定された八坂神社本殿は江戸時代前期の建立だが、古い形式を継承。本殿内に礼拝する空間の礼堂を持ち、供え物をささげる棚があるのが特徴となっている。一方、現在の水谷神社本殿も江戸時代末期の建築だが、古い形を留めているとされる。祭神はいずれも素戔嗚尊(すさのおのみこと)(牛頭天王=ごずてんのう)で、疫病退散などの信仰を集めてきた。

黒田氏は、八坂神社本殿中心部の棚に注目し、施された紋の模様「剣巴紋(けんどもえもん)」が水谷神社にある紋と共通することなどを指摘。本殿の原形は水谷神社に由来すると考えられ、同神社に似た流造(ながれづくり)だった可能性が高いとみている。

八坂神社について「東大寺雑集録」では「春日水屋」が移されて「祇園天神」が建てられたとされ、建築様式もこれに対応するという。黒田氏は「発展した現在の八坂神社は外から見れば水谷神社と似ても似つかぬものだが、奥を見れば同じ。従来、仏教色の濃い建築と言われてきたが、あくまで神社建築」と話している。

春日大社の松村和歌子主任学芸員は「有力な説だろう。水谷神社は元祇園とも言われており、これによって建築的にも裏づけられた」としている。(岩口利一)