岡山、山口組抗争の「警戒区域」初解除へ  - 産経ニュース

メインコンテンツ

岡山、山口組抗争の「警戒区域」初解除へ 

岡山県警=岡山市北区
岡山県警=岡山市北区

岡山県公安委員会や岡山県警が、特定抗争指定暴力団の山口組と神戸山口組の活動を厳しく制限する県内の「警戒区域」のうち、岡山市の指定を延長せず、期限の10月6日までに解除する方針を固めたことが9日、関係者への取材で分かった。両組織は10府県で特定抗争指定暴力団に指定されており、計20市町に上る警戒区域が解除されるのは全国初となる。

警戒区域内では、組員らがおおむね5人以上で集まることや、事務所使用が禁じられ、違反すれば警察が逮捕できる。同県公安委は、昨年5月に岡山市を拠点とする神戸山口組系池田組幹部への銃撃事件が起きたことで、同7月に岡山市を警戒区域に指定。関係者によると、池田組が神戸山口組を離脱したことを受け、岡山県警などが、岡山市で山口組と神戸山口組の対立状態が認められなくなったと判断した。今後、池田組を指定暴力団に指定し警戒を続ける。同県内では倉敷市と津山市も警戒区域で、両市の指定は延長される見通し。