女性装い400人以上の中高生に「自画撮り」要求か - 産経ニュース

メインコンテンツ

女性装い400人以上の中高生に「自画撮り」要求か

書類送検された小学校の男性教諭が、女性を装って男子中高生らに送っていたメッセージ(大阪府警提供)
書類送検された小学校の男性教諭が、女性を装って男子中高生らに送っていたメッセージ(大阪府警提供)

男子高校生らにわいせつな「自画撮り」動画を撮影、送信させたとして、滋賀県内の公立小学校に勤務する男性教諭(32)が児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検された事件で、教諭が約7年前から会員制交流サイト(SNS)で22歳の女性を装い、400人以上の中高生らとメッセージをやり取りしていたことが9日、大阪府警への取材で分かった。

「調教されたい男の子は大歓迎」「プライバシー厳守するから安心してね」などと言い、中高生らに裸体などのわいせつな画像や動画を要求していたとみられる。教諭は「やめられなかった」と容疑を認めており、謹慎中という。府警は検察に起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。

教諭の書類送検容疑は昨年6月7日と今年5月30日、SNSで接触した男子生徒2人に18歳未満であることを知りながら、それぞれのわいせつな行為を撮影させた上、その動画を送信させて自分のスマートフォンに保存したとしている。