【菅首相記者会見詳報】(1)コロナとの闘い「国民の協力に感謝」(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

菅首相記者会見詳報

(1)コロナとの闘い「国民の協力に感謝」

緊急事態宣言等の延長が決定し会見する菅義偉首相=9日午後、首相官邸(宮崎瑞穂撮影)
緊急事態宣言等の延長が決定し会見する菅義偉首相=9日午後、首相官邸(宮崎瑞穂撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は9日の記者会見で、緊急事態宣言発令中の21都道府県のうち東京、大阪など19都道府県の期限を12日から30日に延長することなどを発表した。また、自身の退陣の意向についても改めて表明した。会見の詳報は以下の通り。

「本日、新型コロナウイルス対策本部を開催し、19の都道府県の緊急事態宣言の延長を決定をいたしました。期間は今月30日までとし、宮城県、岡山県の宣言は解除します。蔓延(まんえん)防止等重点措置については、宮城県、岡山県を加え、8つの県を対象とし、期間は今月30日までとします。富山県、山梨県、愛媛県、高知県、佐賀県、長崎県については、9月12日をもって解除します。

併せて、飲食店の時間短縮、テレワークなどの感染対策を継続することといたしました。全国各地で感染者はようやく減少傾向をたどっておりますが、重症者数は依然として高い水準が続いております。昨日の専門家による提言では、宣言の解除に関する考え方が示されました。病床使用率が50%を下回っていること、重症者、新規感染者、自宅療養者の数が減少傾向にあること、ワクチン接種の効果などを総合的に検討することとされ、これを踏まえ判断をいたしました。

私自身が首相に就任して1年がたちますが、この間、まさに新型コロナとの闘いに明け暮れた日々でした。国民の命と暮らしを守る、この一心で走り続けてきました。今日まで大変なご尽力をいただいております医療、介護をはじめとする関係者の皆さん、国民の皆さん、お一人お一人のご協力に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

新型コロナという見えない敵との闘いは、暗いトンネルの中を一歩一歩、手探りで進んでいくことにも似た極めて困難なものでありました。救急車の音を聞けば、必要な医療は届いているのか、飲食店や観光業の皆さんの生業や暮らしは大丈夫か、そうした不安を何度も感じてきました。そのたびに、現場の声を聞き、専門家のご意見を伺い、国民にとって最善の道はどれなのか、担当閣僚とも議論を尽くし、決断をしてきました。