【料理と酒】岐阜の郷土料理 鶏ちゃん焼き - 産経ニュース

メインコンテンツ

料理と酒

岐阜の郷土料理 鶏ちゃん焼き

 岐阜県の下呂市や群上市の奥美濃地方で食べられてきた郷土料理、鶏ちゃん焼き。けいちゃんと読み、単に鶏ちゃんとも呼びます。

鶏卵のために飼育していた鶏をつぶして食べられたのが始まりと言われています。鶏肉に味噌やしょうゆで下味を付けて焼くだけの簡単な調理法ですが、キャベツやニンジン、ニラなどの野菜も同時に食べられて、栄養バランスもとてもいい料理です。

 飲食店で広く提供されるほか、下味を付けて焼くだけの状態でスーパーなどでも売られ、地元に密着したものとなっています。今回は味噌味にしてみました。生ビールをぐびぐびやりながら、箸がすすみます。(速水裕樹)

【材料】

鶏モモ肉………200g

キャベツ………1/4個

ニンジン………1/2本

ニラ……………1/2把

タマネギ………1個

ニンニク………1片

ショウガ………1片

味噌……………大さじ2

酒………………大さじ2

みりん…………大さじ2

砂糖……………小さじ2

豆板醤…………小さじ2

サラダ油………大さじ1

【作り方】

1.ニンニク、ショウガをすりおろす。ボウルにニンニク、ショウガ、味噌、酒、みりん、砂糖、豆板醤を入れてよくかき混る

2.ひと口大にカットした鶏肉を入れて揉みこむようにかき混ぜ、30分置く

3.キャベツはざく切りに。ニンジンは千切りに。タマネギはいちょう切りに。ニラは小口切りにする

4.フライパンに油をひいて、鶏肉を中火で焼く。ひっくり返したら、ニンジン、タマネギを加えて炒める。残ったタレも加える。鶏肉に火が入ったら、キャベツ、ニラを加えて強火で炒め、火を止めて出来上がり