政府、緊急事態宣言の19都道府県延長を決定 - 産経ニュース

メインコンテンツ

政府、緊急事態宣言の19都道府県延長を決定

首相官邸=東京都千代田区
首相官邸=東京都千代田区

政府は9日午後の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言と蔓延(まんえん)防止等重点措置の延長などを決めた。

宣言発令中の21都道府県のうち東京、大阪など19都道府県は期限を12日から30日に延長し、宮城、岡山の2県は13日から重点措置に変更する。12県に適用している重点措置は富山、山梨、愛媛、高知、佐賀、長崎の6県を解除し、残りは30日が期限となる。

菅義偉(すが・よしひで)首相は9日午後7時から、宣言や重点措置の延長などについて、記者会見を開く。