大阪の出口戦略案 吉村知事「国が作るならお蔵入りも」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪の出口戦略案 吉村知事「国が作るならお蔵入りも」

大阪府の吉村洋文知事
大阪府の吉村洋文知事

大阪府の吉村洋文知事は8日の記者会見で、政府が検討している新型コロナウイルスワクチンの接種率に応じた社会経済活動の制限緩和について「国が案を作り、現実化していくなら大阪府が二重に(案を)出す必要はない」と述べた。

府は6月末に出口戦略のロードマップ(行程表)の作成に着手し、7月中の成案化を目指していたが、感染急拡大を受けて中断を余儀なくされた。

吉村氏は会見で「国が『結論出ず』のような状況になれば、大阪府として案を作り上げて、国に提言したい」とする一方、「(作成中の行程表が)お蔵入りすることも当然あり得る」と語った。

ワクチン接種を受けたと証明できる人を自粛要請の対象外とする考え方については「基本的に賛成の立場だが、差別があってはいけない。やるのであれば期間限定にし、開始時期も接種を希望する人にワクチンが届いたときにすべきだ」と述べた。