サッカー日本代表の中国戦がキックオフ W杯アジア最終予選 - 産経ニュース

メインコンテンツ

サッカー日本代表の中国戦がキックオフ W杯アジア最終予選

試合前、整列する中国代表と日本代表(手前)=ドーハ(ゲッティ=共同)
試合前、整列する中国代表と日本代表(手前)=ドーハ(ゲッティ=共同)

サッカーの日本代表は7日、ドーハのハリファ国際競技場で、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組第2戦の中国戦に臨み、現地時間の午後6時過ぎに試合が始まった。

日本の基本布陣は4-2-3-1で、先発はGK権田、最終ラインは長友、冨安、吉田、室屋、ダブルボランチは柴崎と遠藤航、2列目は古橋、久保建、伊東、1トップは大迫となっている。

最新の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の24位に対し中国は71位で、過去の対戦成績は日本の13勝7分け7敗。日本は2日にホームで行われた初戦のオマーン戦を0-1で落としており、何としても中国から勝ち点3を獲得したい状況となっている。

>大迫がゴール、1―0で中国戦を折り返す