【東京2020オンラインコミュニティ】「障害に応じて工夫」多様性認める気づきの場に 世界を魅了したパラアスリート - 産経ニュース

メインコンテンツ

【東京2020オンラインコミュニティ】「障害に応じて工夫」多様性認める気づきの場に 世界を魅了したパラアスリート

「初めて車いすバスケを観戦した。スピードも激しさもすごい」

「車いすラグビーがこんなにもハードなスポーツだとは知らなかった」

「ボッチャを初めて知った。頭脳戦がすごい」

コミュニティへの投稿には、「初めて」や「知らなかった」という言葉が並んだ。「パラレル(もうひとつの)」+「オリンピック」として定着してきたとはいえ、自国開催によって、より多くの人が未知の世界を知ることにつながったことをうかがわせた。

ゴールボールやブラインドサッカーなどパラリンピックならではの競技に加え、障害に応じたクラス分けや陸上のガイドランナー、競泳でターンやゴールの合図を送るタッパーなどパラアスリートを支える人々の存在。「ガイドランナーとの信頼関係が重要だと分かった」「応援しながら学ばせてもらっている」と、さまざまな発見がパラリンピックの楽しみ方となっている。

中でも多くの人の心を揺り動かしたのが、それぞれの障害に応じたパラアスリートたちの創意工夫だ。

「さまざまな障害があるアスリートが工夫をしながら競技に臨んでいる」

「とにかく身体の使い方の工夫がすごい」

例えば、パラ競泳はそれぞれの障害によって泳ぎ方も多様で、自分の障害に合った泳ぎ方を見つけた選手が勝つといわれている。

「すべての人が人と違う部分を持っていることを理解することから始まる」

「障害があるのは特別なことではなく自然なこと」

コミュニティの参加者は、パラアスリートたちの個性を通して、多様性を認めることの大切さを実感したようだ。

「思いやり」と「優しさ」 共生社会へ思いつづる

東京五輪・パラリンピックは、大会ビジョンの一つに「多様性と調和」を掲げ、「共生社会をはぐくむ契機となるような大会を目指す」としている。オンラインコミュニティでも、多くの参加者が共生社会の実現に向けた思いをつづっている。

共生社会に必要なこととして多くの参加者が挙げたのが、「思いやり」と「優しさ」だ。ある参加者は「みんなに優しい社会。バリアフリーはもちろんのこと。お互いを思いやる優しさにあふれる世の中に一歩でも近づけたら」と願う。「無関心にならず相手のことを理解する。思いやりの心を持つ」と、自戒する人も。

東京パラリンピックを通じて、「もっともっとたくさんの理解が必要」との気づきも。「困っていたら助け合い、お互いを思いやれたらいい」「企業がパラスポーツを支援することで選手にとっての環境づくり、競技のおもしろさの認知が広がってほしい」と、支え合うことの大切さを指摘する投稿もあった。

「東京2020オンラインコミュニティ」参加者の投稿

「山田美幸選手の足のキック力だけの背泳ぎにビックリ。自然に涙がこぼれました」

「ラケットのコントロールと車いすの操作を同時に行いながら競技をする車いすテニスの魅力を初めて知りました」

「ボッチャは、覚えやすくて誰でもトライできそう。見ていて想像以上にスリルがあって楽しめました」

「『最年長はまだ更新できる』という自転車競技の杉浦佳子選手の言葉に、背中を押されました」

「車いすラグビーを初めて見てファンになりました。こんなに迫力のあるスポーツは他に知りません」

「車いすバスケを初めてじっくり観戦しました。車いすの巧みなコントロールがおもしろい」

「陸上の選手のポーズにそれぞれ特徴があって楽しませてもらいました。バランスを崩さず速い!」

「陸上の選手と伴走者の信頼関係は想像以上に強いものだと感ましたた。信じる心と絆でともに活躍する姿に感動しました」

世界を魅了したパラアスリート

上段左からボッチャ個人(脳性まひBC2)で金メダルに輝いた杉村英孝、競泳女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)など2種目で2位となり、14歳で日本人最年少メダリストとなった山田美幸、競泳男子100メートル自由形(運動機能障害S4)の金メダルなど出場5種目で5つのメダルを獲得した鈴木孝幸。

中段左から銅メダルに輝いた車いすラグビー日本代表を牽引(けんいん)したエースの池崎大輔(右)、陸上男子1500メートル(車いすT52)などで2つの金メダルに輝いた佐藤友祈。

下段左から車いすテニス男子シングルスで2大会ぶり3回目の優勝を飾った国枝慎吾、陸上女子マラソン(視覚障害T12)で金メダルを獲得した道下美里(右)とガイドランナーの志田淳さん。

ボトムコンテンツ