水道工事中に道路陥没、作業員が転落しけが 京都・北野天満宮近くの住宅街 - 産経ニュース

メインコンテンツ

水道工事中に道路陥没、作業員が転落しけが 京都・北野天満宮近くの住宅街

水道工事現場で転落した作業員を引き上げる消防隊員ら=8日午前、京都市上京区(桑村大撮影)
水道工事現場で転落した作業員を引き上げる消防隊員ら=8日午前、京都市上京区(桑村大撮影)

8日午前10時5分ごろ、京都市上京区東今小路町で「水道工事中に道路が陥没して男性が落ちた」と119番があった。京都市消防局や京都府警上京署などによると、水道管の敷設工事作業にあたっていた30代男性が幅約1~3メートル、深さ約5メートルの穴に転落。約50分後に救助され、病院に搬送された。頭などに軽いけがをしたが意識はあるという。

現場は学問の神様・菅原道真を祭る北野天満宮の北東約200メートルの住宅街にある私道。市水道局によると、老朽化した水道管を入れ替えるために、路面のアスファルトをカッターで切断後に陥没した。地下に空洞があったとみられる。

同じ工事現場で作業していた別の男性は「突然道路が崩れて驚いた。大けがしてなくてよかった」と話した。